心のままに スクラップブッキング

今、はまっているクリエイティブメモリーズのスクラップブキングや好きな本、映画のことを綴っています。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフェッショナル 仕事の流儀 「井上雄彦」を観て

昼間に面白い番組はないかな~と、チャンネルを回しているときに
ちょうどプロフェッショナル 仕事の流儀をやってました。

スラムダンク」や「バガボンド」を描かれている漫画家「井上雄彦」さんの
特集でした。

以前、土曜日の夕方からのアニメ「スラムダンク」が楽しみだった私は
続きを観てみることに。


ちょうど、バガボンドに対する取り組みなどが紹介されていました。

スラムダンク」では光を描いたので、
今度のバガボンドでは違うものを描きたかったということで
闇や影の部分に焦点がうつったそうです。

途中あまりに入りすぎたため、漫画がかけなくなった話などをされていて、
ここまで作品にのめりこむんだなとびっくりしました。

井上さんは作品の登場人物と同じ感情を味わい、それから先の展開を
一緒に探っているんだなと感じました。

だから、読者はひきつけられるんでしょうね。

この特集をみて、バガボンドを観たくなりました。


井上さんの言葉で「光を描くために、影を描く」とおっしゃってました。

光が光であるためには影が必要ですもんね。


絵が好きな友達と美術館に行って、
有名な絵の前で聞いたのが、

 「この作品はすごく色がきれいで明るいでしょう。
 でも、実は影の部分の方が多いのよ。」

確かに背景や洋服のしわ、首の影になる部分など
かなり書き込まれていました。

 「だから、色がよりきれいに見えるし、人が引き立っているのよ。」

人の心も一緒ですよね。楽しい感情やうれしい感情だけじゃない。
悲しい感情や辛い感情もあるから、人は余計に人生を味わえるのかも。


井上雄彦さん、かっこよかったです


にほんブログ村 ハンドメイドブログ スクラップブッキングへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長崎情報へ ← いつも応援ありがとうございます!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rimcafe.blog85.fc2.com/tb.php/130-8f51dc24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。