心のままに スクラップブッキング

今、はまっているクリエイティブメモリーズのスクラップブキングや好きな本、映画のことを綴っています。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きいろいゾウを読んで

友達お薦めの本を読みました

「手が空いているときにコーヒーでも飲みながら読んでね。」
と、言ってくれてたんですけど、早速2冊とも読んじゃいました

私は何でかわからないんですけど、すぐに全部読みたいタイプです。

妹が推理小説を寝る前に少しずつ読むのを、すごいなあ
と、いつも思ってました。


西加奈子さんの「きいろいゾウ」を読みました。

背中に鮮やかな鳥を刻んだ夫「ムコさん」と
いろんな動物や木などとお話ができる妻「ツマ」。

二人が田舎暮らしをはじめ、周りの人たちと段々うちとけていきます。

すごい田舎でのんびりと時間が過ぎていきます。


ツマの視点と、ムコさんの日記の違いに、同じ物事を
見てても、やっぱり違うことを考えてたりしてんだなと思ったり、


そして、大事なことほど、なかなか伝えられないよなあと思いました。

ムコさんが時々思うツマが遠くに行っちゃうかもという不安な気持ちとか、
ツマに日記をみられていることに対する違和感を感じながらも、何も言えないとか、
ツマがムコさんの様子がおかしくなってから、思う「私をみて」の気持ちとか、
ムコさんが東京に行くって言ったときに「行かないで」を言えなかったこととか・・・


この本にはたくさんの愛の形が書かれています。

愛は人を変えますね


「必要なものは、覚えているのだ。
 それはきっといつも、そこにあるのだから。」

 のフレーズは心に残りました。


最後に、必要なものリストに

ぼくのつま」が追加されていたのがナイスでした


この本自体の存在を知らなかったので、
薦めてくれた友達に感謝です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ スクラップブッキングへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長崎情報へ ← いつも応援ありがとうございます!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rimcafe.blog85.fc2.com/tb.php/168-6aec1acf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。