心のままに スクラップブッキング

今、はまっているクリエイティブメモリーズのスクラップブキングや好きな本、映画のことを綴っています。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森のラブレターⅡを観て②

先日の森のラブレターⅡを観ての感想の続きです。

あのときは9時からのドラマを観るために15分でUPしようと思って
書いたので、はしょりすぎました

その続きを書かせていただきます。


鮭の一生を追っていて、たくさんの傷を負いながら
自分たちが産まれた上流の澄んだ川にのぼってきた鮭は、

産卵の後、力尽きて一週間で死んでしまいます。


川でたくさんのボロボロの鮭の死骸を見た中島さんが声をあげたら、

ガイドの方が、

「これには理由があるんですよ。

ボロボロになった鮭を食べるために、すぐにたくさんの微生物が集まる。

そして、その微生物を卵から孵化した稚魚が食べる。

よくできてるでしょう。」



一部分だけ見たらかわいそうなことが、
本当は必要なことで、すべては回っていて、上手くいっている。


森や自然にはそんな跡がたくさんあるんだなと感じました。


木の皮をはいで、虫を食べるキツツキも同じですよね。

それだけ見たら、木はかわいそうと思うかもしれないけど、
木は害虫を食べてもらえる。

もし、木がダメになっても穴が開いていることで
倒れやすいし、倒れたらその穴に色々な虫が巣を作ることができる。


自分では毎日の生活の中で、そのことになかなか気づけないんですが、
上から見たら、同じように回っていて、

素直に生きてたら、すべては上手くいくのかなあと思いました。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ スクラップブッキングへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長崎情報へ ← いつも応援ありがとうございます!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rimcafe.blog85.fc2.com/tb.php/198-7958bb42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。