心のままに スクラップブッキング

今、はまっているクリエイティブメモリーズのスクラップブキングや好きな本、映画のことを綴っています。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめ映画 かもめ食堂

みなさん、かもめ食堂を観られましたか?

私は近くの映画館でやっていたのは気づかず、近くのレンタルビデオ屋さんで
みつけて早速借りました。小林聡美さんの雰囲気が好きなので。

サチエ(小林聡美)はフィンランドの都市、ヘルシンキでかもめ食堂という名の
日本食のお店を営んでいる。

しかし、お客さんは入らず、覗いているだけ。

ある日、カフェにきた日本かぶれの青年にガッチャッマンの歌を質問されるが、
思い出せずに悶々としている時に、町の本屋さんで
日本人女性、ミドリ(片桐はいり)をみかける。
もしやと思い、試しに聞いてみると、見事に全部、歌詞を書き上げる。
これが縁で食堂で働いてもらうことに。

一方、マサコ(もたいまさこ)は、両親の介護という人生の大役を終え、
息抜きにフィンランドにたどり着いたものの、手違いで荷物が紛失してしまう。
航空会社が荷物を探す間にかもめ食堂にたどり着く。

それぞれ、生い立ちも、性格も、年齢も違う3人が奇妙なめぐり合わせで
かもめ食堂に集まった・・・

ゆったりとした時間が流れる食堂とサチエさんの日常を描いた物語です。
自然体で、それでいて凛としていて、すべてを受け入れる姿に思わず、
にっこりしてしてしまいます。

ミドリがあまりにもお客さんが来ないので、いろいろ現地の人にあう
新しいメニューを考えて、試しているときに、サチエが言った言葉で、

「一生懸命にやっていれば、そのうちお客さんは来てくれますよ。
それでもなんとかならなければ、やめればいいわけだし。
なんとかならなくなってから、その時に考えます。」

この言葉を聞いて、うわあと声が出ました。
私は、どちらかというと、ミドリさんタイプです。
のんびりなのに気が小さいので、あせっちゃうといろいろ余計なことまで
しちゃいます。こういう風に思えるっていいなあと思っちゃいました。

後、

「ずっとそのままでいられない、変わるものだから。」
「いい感じに変わるといいですね。」
「大丈夫(笑)。多分」

この会話も大好きです。

この映画を観て、おいしい食べ物って大事だなと改めて思いました。

おいしいものを食べれて、
楽しく仕事ができて、
わいわい話せる人がいたら、
これはもう幸せだと思う。


この映画はココロに残る映画だと思います。
機会があったら、観てね。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rimcafe.blog85.fc2.com/tb.php/3-7e2a2056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。